クラウド

芒果伝媒はこのほど、阿里雲のクラウド技術を応用して開発した子供用スマートウォッチ「咘瓜(BUGA)」を発表した。保護者は専用のスマートフォンアプリを使って「咘瓜」をつけた子供と会話をしたり、子供の現在位置を確認したりすることができる。it168.comが伝えた。

「咘瓜」は阿里雲のクラウドサービスを利用しており、子供の行動にまつわる全ての情報をクラウド上に記録する。また地図データには信頼のある高徳地図を採用しており、全国どこでも子供の現在位置を確認することができる。さらに3GネットワークやWi-Fiを通じて「咘瓜」をつけた子供と音声通話ができるため安心だ。

「咘瓜」はすでにECサイトの天猫で予約を受け付けており、価格は799元となっている。

buga

(画像は天猫の「咘瓜」販売サイトより)