韓国

韓国のSK Broadbandは20日に開かれたITU Plenipotentiary Conferenceで、ブロードバンドのデータ転送速度で10Gbpsを達成したと発表した。idcquan.comが伝えた。

同社はこのカンファレンスに10Gbpsのスピードを体験できるコーナーを設置。オフィスや家庭で利用できる日はまだ遠いが、Googleはすでに10Gbpsのブロードバンド接続サービスを始める計画を公表している。

世界最大のCDNサービス事業者Akamaiのまとめによれば、2014年第2四半期(4-6月)の韓国のインターネット接続の平均速度は24.6Mbpsで、2位につけた香港の15.7Mbpsを大きく引き離した。なおアメリカは11.4Mbpsで14位だった。10Gbpsは韓国の現在の平均速度の400倍にあたる。