中国

中国で企業の紹介サイト・サービス紹介サイトを立ち上げでスマホサイトのみを作る場合、PCサイトと同様のICP登録(備案)で良いのか、という問題について考えてみましょう。前提として、EC事業やユーザ向け有料サービスの提供は行わないので、ICPラ イセンスの範囲内には入りません。

現時点で、中国のWebサイトに関する様々な規制の中には具体的にスマホサイトについて言及しているケースは見当たらず、PCサイトと同様に互联网信息服务管理办法や非经营性互联网信息服务备案管理办法が適用されるものである、と考えられます。ポイントとしては、スマホサイトはPCからでも閲覧でき(インターネット上のサイトとしてスマホ向けに最適化されているだけ)、同様にPCサイトはスマホからでも閲覧できるという観点で、同じインターネット上のWebサイトと認識されています。これにより、中国における「非経営性」、即ち、企業の一般的な会社紹介サイトや商品紹介サイトであれば、ICP登録を適切に行うことでカバーされると考えることができます。

 

※本記事は2011年1月にchinainternetreview.comに掲載したコラムを加筆・訂正したものです。