クラウド

このほど湖南省長沙市で開かれた2014年全国スマート物流クラウド大会で、湖南海駅スマート物流パークの入居企業誘致セレモニーが行われた。

同物流パークは、長沙県干杉鎮に位置する中国初のクラウドサービスを利用したスマート物流パークで、将来はモノのインターネットやクラウドコンピューティングといった先端技術を用いて物流の標準化、情報化、スマート化に取り組み、物流コストの削減と顧客の利益向上を狙う。

また空港、高速鉄道、開発区にもほど近いため、海外および国内の製造メーカーの入居を見込んでいる。第1期分として1000社あまりを誘致する計画で、物流プラットフォームは100万社の利用が期待されている。