中国

このほど北京で、第1回阿里雲分享日大会が開かれ、国内外から2000人もの開発者や創業者が参加した。

大会では阿里雲の胡暁明総裁が、「阿里雲がすべきことは、コンピューティングをさらに簡単なものにし、経済の動力とすることだ」と述べ、ビッグデータが経済発展を支えると強調した。また阿里雲は同大会で11もの新サービスを発表し、さらに開発中のサービスが10あることを明らかにした。

同社はさまざまな企業との提携を強化しており、すでにゲーム、医療、金融などの八大領域の200余りの企業に50以上のソリューションを提供している。今後3年で世界に2000社のパートナーを作るとしている。