IDC

阿里巴巴グループが張家口に建設中の張北雲聯データセンター(DC)が、4月末にも運営を始める見通しであることがわかった。

同DCは廟灘産業園に位置し、総工費は60億元、敷地面積は200ムー、総建築面積は14万平米に及ぶ。阿里巴巴グループが計画する中国北方クラウド戦略のカギを握るDCの一つで、10万台のサーバーを収容するという。