中国

青海省のインターネット利用料金が約45%も値下がりしていることがわかった。

同省では2016年3月末時点で、8Mbps以上のプランを契約しているインターネット利用者が全体の72.3%に及び、これは前年同期に比べ46.3ポイントの上昇だという。20Mbps以上のプランを選択した契約者も、同28.6ポイント増えて、全体の32%に達した。また3Gまたは4Gモバイルユーザーは省内のモバイルユーザーの59.8%を占めている。

ブロードバンド契約の利用料金は平均で44.88%値下がりしており、4Mbps以下のプランでも34.67%値下がりしているという。