中国

中国移動グループの咪咕視訊科技有限公司はこのほど、中央電視台傘下の愛上電視伝媒有限公司とIPTV事業に関する戦略的協力協議に合意したと発表した。これにより三大通信キャリア全てがIPTV事業に参入することになる。

愛上電視は各地のテレビ局や通信運営キャリアと協力してIPTV事業を展開しており、全国30省に4000万世帯を超える契約者を抱えている。今回の提携では、両社が協力してIPTVのハイビジョン化およびスマート化を進めることで合意。共同で上海にIPTV共同運営チームを発足し、高効率で一体化したサービス運用を行うとしている。

一方の中国電信と中国聯通は早々にIPTVの営業ライセンスを取得しており、それぞれのIPTV契約世帯数は4000万戸と1000万戸となっている。中国移動の参入により、一部の地域でし烈な顧客獲得競争が始まると指摘する声もでている。