中国

工商総局はこのほど「インターネット広告管理暫定弁法」を発表した。9月1日から施行される。

同弁法では、インターネット広告の定義を明らかにし、広告宣伝活動の規範化と各ポータルサイトの自主的な審査を強化する方針が示されている。

具体的には、識別性を高めるため「広告」の文字を表示するよう求めており、処方薬やたばこの広告が禁止された。また医療、薬品、特殊医学を用途とした食品、医療器械、農薬、動物用薬品、保健食品の広告類は、広告審査機関の審査が必要だとしている。