中国

光環新網(SINNET)はこのほど2016年上半期の財務報告が確定したと発表した。同期間中の売上は前年同期比220%増の8.38億元で、純利益は同184%増の1.32億元だった。

業績が好調だったのは、完全子会社の北京中金雲網科技有限公司と北京無双科技有限公司が連結決算の対象となったためだとしている。

同社は陝西広電網絡伝媒(集団)股フェン有限公司と共同で、陝西広電新網雲服務有限公司を設立しており、データセンター(DC)事業および付加価値サービス事業を展開する計画だ。すでにDCは着工しており、年内にもサービス提供が始まる見通しだ。