クラウド

このほど発表された「2015年中国公有雲計算報告」で、IaaS市場における中国電信の売上が前年に比べ59.9%増加して1.098億ドルに達し、阿里雲に続く2位だったことが分かった。市場シェアは13.1%だった。

業界は、中国のクラウドコンピューティング産業の発展において中小規模の事業者は淘汰されるか、あるいは大規模事業者に買収されると予測しており、今後3年から5年以内に数社の大規模クラウド事業者が市場を握るとみられている。

なお1位の阿里雲は同80.7%増の2.59億ドルで、市場シェアは31.0%。3位は中国聯通で同21.1%増の0.63億ドル、市場シェアは7.6%となっている。