中国

北京市でこのほど、全国唯一となる公安部通信ネットワーク新型違法犯罪撲滅捜査センターが設置された。あわせて「通信ネットワーク新型違法犯罪案件凍結資金の返還に関する若干の規定」も発表された。

同センターは、全国で発生した携帯電話等の通信手段を用いた詐欺事件について、使われたアカウントの調査や凍結、および通信手段の捜査などを行う。すでに凍結されたアカウントは全国で40万個を超えており、凍結された資金は11億元あまり、犯罪に関係するとして利用停止となった携帯電話の番号は13万件に達するという。