中国

工業情報化部は25日までに、通信キャリア各社に契約者の実名登録を確実に行うよう厳しく指導していることを明らかにした。10月末までに実名登録率を96%に引き上げ、年内に100%の達成を求めているという。なお、実名登録をしていない契約は、10月15日から順次利用できなくなる。

また同部は、MVNO事業者の監督を強化しているとし、違反行為があれば業務停止や営業許可証の取り上げを含む厳しい処分を科すと強調している。